Facebook

Tabi Tabi TOYO

Facebook

Twitter

 

メールフォーム

読者投稿・お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メキシコの時間

ブログランキング参加中

1日1回クリックお願いします!! にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ 人気ブログランキングへ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索フォーム

プロフィール

TabiTabiTOYO

Author:TabiTabiTOYO
メキシコ情報&旅行誌「旅たび東洋」編集部スタッフがメキシコ周辺情報をお伝えしていきます。

その他の言語 Ver.2

それぞれの言語をクリックするとこのページを翻訳してくれます

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa

最新トラックバック

編集部ペット★くろこさん

なでて可愛がってやってください

フリーエリア

Vamos a saltar (イン モンテレイ) 

Vamos a saltar(イン モンテレイ) T.OKAWA

1

仕事の相棒でチピンケ岩峰にいっしょに登ったことのあるアレックスからマタカネスに行こうとさそわれたのは2週間前のことだった。マタカネスはモンテレイの数少ない観光地の1つコラデカバージョの滝から4WDでラグナサンチェスの村を通り山中を2時間ほどいった渓谷だ。そのぐらいのことしか知らなかったぼくは、ほかのメキシコ人の同僚にどんなところか聴くと、誰もが川の水が澄んでいて美しいところだというが、行ったことがあるのは1人だけで、ほんとうに行くのかといわれた。ぼくは沢歩きをするものと思っていたが、よく聴くと沢を泳いたり歩いたりしながら1日かけて14キロメートルを踏破するようだ。大きな岩の上から水面にジャンプする箇所が20以上あり、危険な場所はロープを使って懸垂降下する。ぼくはこのような沢下りをしたことが無かったが、小学生の頃、川遊びをしていた川ガキだったのでその楽しさはすぐに想像できた。そしてモンテレイの若者のあいだでは結婚前の男の度胸試しの場でもあるようだ。それはまっ暗な洞窟の中でのジャンプや最大11メートルある高さからのジャンプもある。そこをとぶことで勇気のあかしを見せるのだ。これは面白くなりそうだ、30年前の川ガキの血がさわいできた。日本人のアウトドアの実力がどれだけのものかメキシコ人に見せてやろうじゃないか。
こんなことが日本にいる女房に知れたら「あんた、もう年なんだからバカなことはやめてよね」という声が聴こえてきそうだ。

そんなことを胸に早朝4時半にコラデカバージョのホテルに集合、メキシコではままあることだが主催者が来ていない。30分遅れて到着、しかも2台のうちの1台の車が故障したと言い訳をしている。ぼくたちは1台のピックアップトラックになんと15人乗り込み出発した。ぼくは後部座席に座れたが、さすがに山の朝は冷える。荷台に乗っていた女の子2人が前の席に移ってきた。みな緊張しているのか、眠いのか無言がつづく。運転手は窓を全開にして走るので、ぼくは寒くなって思わずくしゃみをした。すると先ほど乗ってきた女の子が サルー といい、ぼくは グラシアス とお礼をいった。それが合図となりメキシコ人同士のいつものおしゃべりが始まり、みなうちとけた雰囲気になった。

川下りの出発地点につくと、すでにガイドが朝食の準備をすすめていた。朝食といってもバナナとチョコレートあとはジュースがつく簡単なものだ。さすがにガイドは屈強な男たちだ。リーダーシップがあり、ユーモアをわすれない。ウェットスーツ、ヘルメットとライフジャケットを身につけ出発、初めの1時間は山登りだ。あたりは放牧された牛の糞がころがっていて懐かしいにおいがする。途中、赤茶色の水たまりがあり、牛のヌタ場になっていて牛の足跡と糞だらけだ。ガイドが最初の ジャンプだ とジョークをとばす、ぼくたちもエッーと笑いながら見本を見せろという。そんな雰囲気のなか水源地に到着した。ここからがほんとうの川下りの始まりだ。水は澄んでいて冷たい、周りは大きな岩がごろごろしている。最初のジャンプは高さ3メートルぐらいでみな緊張している。運転席のとなりにいた女の子がとべない。サルト、サルト といって励ますのだがどうしてもとべない。最後はその大岩を迂回してみなと合流した。次はいきなり高さ30メートル以上ありそうな滝をロープで懸垂降下だ。女の子たちは度胸がある、滝の上の岩に立ってもこわがっていない。それどころか笑顔をみせている。日本では男は度胸、女は愛嬌というが、メキシコでは何っていうのか聴いてみたいところだ。つぎからつぎへとあらわれる難関を全員でクリアしていくあいだに、自然とチームワークが生まれてきた。
最大のジャンプは滝の手前で分かれ道があり11メートルの高さをとびたい人は川の左側へ、とばずに降りながら、見学したい人は右側へ行けばいい。右へいこうが、左へいこうが誰も何も言わない。相棒のアレックスは左を選択、もちろんぼくも左だ。7人が滝の横の岩の上に立った。下を見るとさすがに高い、滝つぼが深緑色をしている。順番にガイドの合図を待ちながら空中に飛び出す。つぎはぼくの番だ、対岸ではガイドと仲間たちが応援してくれているのだが、緊張で何も聴こえない。ガイドの合図をみて空中へジャンプ!
落下はおそらく1秒もかかっていないだろう、おしりに衝撃あったがうまく着水できた。対岸を見るとみながニコニコしながら歓声をあげている。

2

この川下りを終えるころにはジャンプすることが楽しくなっていた。空中に踏み出すことが、人生のあらたな1歩を踏み出すように思え、爽快な気持ちでマタカネスをあとにした。

3

スポンサーサイト

Joyeria YAMAGUCHI 年末バーゲンセール開催!

今年も年末バーゲンセールの季節がやってきました!
メキシカンオパールを中心に、各種宝石、金・銀製品、メキシコ民芸品が揃う
Joyería YAMAGUCHIにて、11月27日(金)~12月6日(日)までの10日間、全商品40%ディスカウントの大バーゲンセールが開催されます。
場所は、メキシコシティ独立記念塔前のシェラトンホテル内、ロビーつきあたりを右。
日本語での相談可能です。
年末日本へ帰国される方は、この機会に素敵なお土産を買ってはいかがでしょうか。
年に1度の大バーゲン、この機会をお見逃しなく!

1

日本女性アーティストの2人展

既に始まってしまったイベントですが、日本メキシコ友好400周年イベントの一環として、日本大使館の広報文化センターにて、日本人女性アーティストの2人展「アルモニア・メヒカーナ」が12月11日まで行われています。

Armonia Mexicana Shino


元同僚Sちゃんも今回は持ち前の「おどろおどろしい」作品でなく、メキシコらしさを出しているようです。

是非足をお運び下さい!!



mc

コニカミノルタの新製品発表会

11月5日木曜日、メキシコシティワールドトレードセンターの横にある
シケイロスフォーラム会場にて
コピー機、複合機、プリンター、
情報機器メーカー、コニカミノルタの新製品発表会が催されます。

午後4時から一般公開、22時まで。

小さいコピー機、プリンターから、
デジタル軽印刷用の1000万円近くする機械まで
12、13機種取り揃えております。
日々進化するオフィス情報機器の技術を知ることの
できる絶好の機会、ぜひ会場まで。

場所: Insurgentes Sur 701 esq. Filadelfia Col. Nápoles México D.F.C.P. 03810
会場: POLYFORUM DAVID ALFARO SIQUEIROS


FC2Ad

相続 会社設立