スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「侍」

メキシコ北部、モンテレイ唯一の生活情報誌「かけはし」で、「マッチャンの本棚」という拙文を掲載して戴いています。メキシコや中南米を扱った著作に関する感想文ですが、WEBマガジンへの移行中で掲載が滞っている為、この場で紹介させて戴きます。


タイトル: 「侍」

  612dTugB58L_20130529093356.jpg


著者: 遠藤周作        
文庫本: 413ページ
出版社: 新潮文庫
発行年: 1986年

発行は昭和61年、平成20年には32刷とある。著者が有名で、普段本を読まない人でも遠藤周作の名前ぐらいは大抵知っていることを前提としても、20年以上もこの本を購入する人がいるということだ。

本書で取り上げられている「侍」は、慶長遣欧使節として17世紀初頭に太平洋、メキシコ(本文中はノベスパニアと表記)、大西洋、スペイン、ローマへ出向いた仙台藩士、支倉六衛門常長のことを指す。本年2013年は遣欧使節から400周年を迎える。

本書では支倉は長谷倉、ソテロ神父はベラスコ神父という変名を使っている。本書があくまで史実に基くフィクションであろうとする著者の意思表示だろう。同テーマの研究書、資料、小説の類いが多々ある中、本書は百科辞典で読めるような史実以上に、登場人物の背景から希望、葛藤、苦悩といった感情の機微を作品に投影させることに念が入った小説(=創作)であり、それ故に登場人物の描写に紙面が多く割かれ、各人の個性が繰り返し読者に刷り込まれていく。

今までにも支倉六衛門に係わる資料や小説を読んだり、当時の支倉の肖像画を見たりする機会があったが、本書の中での支倉は遣欧使節の副士としての威厳、藩主伊達政宗の忠実な家臣という風格、ローマ法王パウロ五世に謁見し貴族の称号とローマ市公民権を受けた華々しい歴史とはおよそ相容れない人物に描かれている。仙台はもとよりアカプルコ、ハバナ、コリア・デル・リオなど世界各地に記念碑が残され、日本史に足跡を留めるような大偉業を成し遂げた人物像とは隔世の感があるのが最大の特徴ではないだろうか。

純朴で風采の挙がらない田舎侍。父の代に移封された不本意な領地に不満と同時に強い愛着を感じ、どちらかと言えば武士というより百姓に近い保守的な思考を持つ人物のように描かれている。これは本書で認識させられたことだが、支倉は仙台藩の中で高い役職に付いている訳ではなく、格式の低い「召出衆」という階級の武士である。仙台藩は加賀、薩摩に次ぐ62万石の大藩であり、その中で600石取りの藩士という身分は、飛ぶ鳥を落とす勢いの大国エスパニアに派遣する公式な使者としては分不相応であり、当然ながら政宗から直接拝命するような立場でもない。実際に何故この人物が使者に抜擢された理由が資料として残っていないらしいが、本分中で松木という同僚の吐き捨てる「捨石よ、我らは」という言葉が、結果的に最も端的で明快な理由として納得すべき伏線が張られているのだ。

そもそも慶長遣欧使節自体、徳川幕府に従属する一外様大名である伊達政宗の発案でしかなく、ノベエスパニア(当時のメキシコ)との交易、エスパニアの勢力を政治的に利用すべく、その代償として所領内でのキリスト教の布教を認めるという外交上の取引と同時に、大型船の建造と操舵術の習得という藩の軍事上の画策があった。我々サラリーマンも時に上司の思い付きに奔走され、往々にして徒労感を味わうこともあるが、支倉はその数百倍も理不尽な境遇に相対し、数千倍も不条理な仕打ちを受ける。

なりたくもない使者になり、行きたくもない外国へ行き、お役目の為に信仰してもいない基督教徒となり、時代と政治に翻弄され、7年という長い徒労の旅を経て、自分なりにキリストに向かいあう。恩賞へ期待や功名心などよりも、愚直に役目を果たすそうとする真摯な侍の姿、彼の想念や言動といったものが時としてほほえましく、時として深い哀切を漂わせる。侍は彼の貧弱で小さな領地から出ることすらほとんどない生活を送り、冬に遠い国から飛翔してくる白鳥の他、異国や海外との接点など無いに等しかったのだ。

もう一人の主人公と言えるベラスコことソテロ神父は、情熱的で計算高く、自らの功名心や名誉欲すら布教という大義名分と折り合いをつける才智と行動力に富んだ聖職者として描かれ、こちらはかなりイメージ通りの人物のようだ。本書は慶長遣欧使節の正使である彼の物語でもあり、彼の野心と日本への執着が使者衆に選ばれた侍たちの運命を翻弄したと言えるかも知れない。

文庫の帯の「熱い涙が心をつたう」という触れ込みとは裏腹に、メキシコの描写も使節の通過点でしかなく、基本的に不遇な個人の哀しい物語であり、長く精勤した会社に報いもなくリストラに遭うサラリーマンの境遇にも通ずるような湿っぽさばかりが印象に残り、感動とは程遠い寂しい読後感が強かった。

あくまで小説という前提ながら、本書によって今まで漠然と抱いていた支倉常長像が一旦リセットされ、キリシタン禁止令と鎖国という徳川幕府の意向と仙台藩の立場、イエズス会とフランシスコ会の確執など複雑な背景や構図を整理する一助となった上、既存の情報から抱いていた日本・メキシコ・スペイン友好の象徴というような楽観的なイメージが、極力史実を動かすことなく小説化した意欲的な本作品により、少しずつ瓦解してより事実に近いものへ再構築された感覚は新鮮と言える。

メキシコシティの青タイルの家のカフェテリアへ行けば、支倉六衛門常長が約400年前この場に逗留したと言われていることを想い出し、アカプルコへの道中に400年前に眼前に広がる原野をお侍が歩いたことを忘れないでいることぐらいが、日本人の一人である私に出来るせめてものことだろうか…。

本書は第33回野間文芸賞を受賞している。

mc
スポンサーサイト

Tabi Tabi TOYO3月号-お詫びと訂正-

280213web-MAR13-3233.jpg

本日より順次配送予定のTabi Tabi TOYO3月号ですが、
TKツアー情報ページにて、ミスプリントが発生しました。

誌面上、サボテンマークが落ちておりますが、

Tサボテン: クエルナバカ&タスコ終日観光、ルイス・バラガン建築ツアー
Kサボテン: プエブラ&チョルーラ終日観光、ペーニャ・デ・ベルナル終日観光、
クエルナバカ&ソチカルコ終日観光

となります。

関係者の皆様には謹んでお詫びし、訂正申し上げます。

テーマ : メキシコ
ジャンル : 海外情報

Tabi Tabi TOYO3月号発行



今月はメキシコ観光地の大定番、ゴージャス&ラグジュアリーなカンクンをお届けします。
また、D.F.情報では花市場をご紹介。春本番で咲きそろうお花をお楽しみください。

スペイン語ページでは、現在カリージョ・ヒル美術館で開催されている「浮世絵展」を特集。
古典作品と現代美術をクロスオーバーさせた展覧会です。
どうぞスペイン語ページもお楽しみください。

☆今月よりリンク機能登場!
issuu記事内、URLや住所をクリックすると、ページに飛べるすぐれもの。
旅先でスマートフォンやipadなどから直接お店やホテルのwebサイトにアクセスできます!

テーマ : メキシコ
ジャンル : 海外情報

Facebook
Tabi Tabi TOYO

Facebook
Twitter
 
メールフォーム
読者投稿・お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メキシコの時間
ブログランキング参加中
1日1回クリックお願いします!! にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ 人気ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索フォーム
プロフィール

TabiTabiTOYO

Author:TabiTabiTOYO
メキシコ情報&旅行誌「旅たび東洋」編集部スタッフがメキシコ周辺情報をお伝えしていきます。

その他の言語 Ver.2
それぞれの言語をクリックするとこのページを翻訳してくれます
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新トラックバック
編集部ペット★くろこさん
なでて可愛がってやってください
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。